• 3 minutes e-car sales collapse
  • 6 minutes America Is Exceptional in Its Political Divide
  • 11 minutes Perovskites, a ‘dirt cheap’ alternative to silicon, just got a lot more efficient
  • 2 days GREEN NEW DEAL = BLIZZARD OF LIES
  • 4 days How Far Have We Really Gotten With Alternative Energy
  • 9 days By Kellen McGovern Jones - "BlackRock Behind New TX-LA Offshore Wind Farm"
  • 4 days Solid State Lithium Battery Bank
  • 3 days Bad news for e-cars keeps coming
  • 15 days The United States produced more crude oil than any nation, at any time.
  • 16 days Natron Energy Achieves First-Ever Commercial-Scale Production of Sodium-Ion Batteries in the U.S.
9月に利下げを期待してブレント原油価格が86ドルを超える

9月に利下げを期待してブレント原油価格が86ドルを超える

米国のインフレデータが予想を上回ったこと…

欧州がアメリカのディーゼルにますます依存しています。

欧州がアメリカのディーゼルにますます依存しています。

ヨーロッパのバイヤーは、6月の最終週にア…

アラムコが債券発行に31億ドルの受注を確保

アラムコが債券発行に31億ドルの受注を確保

サウジアラムコの最新の債券発行は310億…

Irina Slav

Irina Slav

Irina is a writer for Oilprice.com with over a decade of experience writing on the oil and gas indus…

More Info

Premium Content

中国が原油市場に士気を下げる衝撃を与える可能性があるか?

  • 中国がすべての石油需要予測や価格変動で目立つ理由が明確にあります:その日々の原油輸入量だけで、欧州連合が毎日消費する量を上回っています。
  • 中国は2024年上半期に平均して1,108万バレルの原油を毎日輸入しました。
  • 中国は引き続き石油需要予測で目立つでしょうが、需要の成長がピークを迎え、横ばいの展開が予想されています。
Sinopec

ロイターが今月初めに報じたところによると、アジアの石油輸入が今年前半にやや減少したことが明らかになりました。これにより、多くの取引業者の多くは、世界最大の原油輸入国である中国に注目を向けました。

今年前半、中国は1日平均で1108万バレルの石油を輸入しました。この数量は、絶対的な観点から非常に堅調です。しかし、昨年の記録的な1128万バレルの1日平均から減少したため、この数字はベアリッシュ(売り圧力がかかる状況)と解釈されました。

中国が全ての石油需要予測や価格動向で目立つ理由は明確です。中国の1日当たりの原油輸入量だけで、欧州連合が1日に消費する量を上回ります。需要予測では、中国がますます多くの原油を使用し続けると仮定されており、その結果、中国が価格トレンドにおいて極めて重要な役割を果たすと見られています。

Bloombergが今月報じたところによると、今年下半期の原油価格の見通しは、中国の需要成長が取引業者やアナリストの期待を裏切ったことからますます不確実となっていました。報告書には、メンテナンス期間後の製油所の再稼働が予想より遅れたこと、一部の主要サプライヤーが今月初めからの購入を減らしたこと、輸入の月次減少の可能性が指摘されています。

現在中国で進行中の特定のプロセスを考慮して、期待が非現実的だった可能性があることは、報道では全く触れられていません。この事実は、中国が最大の価格決定者であり、米国に次ぐ存在であり続けることを保証し、基本的には世界の他の部分を無視し、上昇する原油価格の自然な結果も無視しています。

関連記事: エクソン、上流収益の向上に対応する高い原油価格を予測

“原油価格の上昇は中国の原油購入志向を一段と抑制する可能性があります”、エネルギーコンサルティング会社FGEのアナリストであるミア・ゲンはBloombergに語った。「第3四半期には1日1100万バレル程度で横ばいを予想していますが、第3四半期後半や第4四半期には下方リスクがあります。」

要するに、中国も他の輸入国と同様に価格に敏感であり、価格が上がれば購入を増やしたがりません。これは市場の有機的な反応であり、原油価格が下落すれば、需要があれば購入が再開される可能性が高いです。今年の原油市場では、中国の経済成長が過度に楽観的な期待に応えられなかったかのように、需要に関する懸念が高まっています。

低くなった建設活動を引き起こした不動産セクターの問題は、この成長の物足りなさの明白な例であり、中国が最大の電動車市場であることは長期的な原油需要の減少取引が国に迫っている主要な議論です。国有石油大手の中国石油化工(Sinopec)さえも、需要成長が3年で頂点に達すると予想しています。

中国の石油需要が無限に成長し続けると仮定した人にとっては、それは悪いニュースです。無限の需要成長というものは存在しないことを認識する人にとっては、通常の業務であり、過大な期待はありません。ピークとは、断崖絶壁に落ちることを示すものではありません。単に、最高点を意味します。もし中国が以前よりも早くそれに到達しようとしているとすれば(もし中国石油化工が正しい予測をしているのであれば)、その後に需要がただちに落ち込むわけではありません。

言い換えれば、世界の石油市場には多くの上昇要因があります。特に、中国以外ではほとんどどこでもEV(電気自動車)の販売が鈍化している中、おそらく最も大きな需要は石油化学セクターから来るでしょう。

事実、アジア太平洋地域の都市化によって既に石油需要の60%が石油化学メーカーから派生しており、この業界の最近の調査によると、エネルギー研究所は述べています。

中国は引き続き石油需要予測で重要な役割を果たすでしょう。需要がピークに達したとしても、中国は経済規模の大きさ故に、依然として世界最大の石油輸入国となるでしょう。ただし、成長の期待をより現実的なレベルに引き下げ、どの経済も一定の割合で拡大し続けることはできないことを認識するのが良いアイディアかもしれません。

それには、需要成長の他のドライバーも存在します。アジアの他の経済も成長しており、石油需要も増加しています。それは、両者が密接に関連しているからです。インドは将来の石油需要成長の最大のドライバーとして注目されていますが、絶対的な観点からは中国より小規模の消費国です。アジア全体がかなり長い間、グローバルな需要成長をサポートしてくれる可能性がありますが、彼らが11百万バレルの日次輸入を記録することはないとしてもです。

By Irina Slav for Oilprice.com

Oilprice.comからのさらに多くのトップ記事


オリジナルの英語版をAIで翻訳したものですここ.
Download The Free Oilprice App Today

Back to homepage








EXXON Mobil -0.35
Open57.81 Trading Vol.6.96M Previous Vol.241.7B
BUY 57.15
Sell 57.00
Oilprice - The No. 1 Source for Oil & Energy News