• 3 minutes e-car sales collapse
  • 6 minutes America Is Exceptional in Its Political Divide
  • 11 minutes Perovskites, a ‘dirt cheap’ alternative to silicon, just got a lot more efficient
  • 1 day GREEN NEW DEAL = BLIZZARD OF LIES
  • 5 days How Far Have We Really Gotten With Alternative Energy
  • 4 days By Kellen McGovern Jones - "BlackRock Behind New TX-LA Offshore Wind Farm"
  • 12 days Natron Energy Achieves First-Ever Commercial-Scale Production of Sodium-Ion Batteries in the U.S.
  • 12 days Bad news for e-cars keeps coming
  • 10 days The United States produced more crude oil than any nation, at any time.
  • 14 days RUSSIA - Turkey & India Stop Buying Russian Oil as USA Increases Crackdown on Sanctions
ZeroHedge

ZeroHedge

The leading economics blog online covering financial issues, geopolitics and trading.…

More Info

Premium Content

中国の再生可能エネルギーの急増が電力網を圧迫

  • 中国の膨大な風力および太陽光発電の容量増加により、地域間の電力バランスが崩れ、再生可能エネルギーのカーテイルメントが引き起こされている。
  • 政府は、長距離送電線の増設や省を越えた発電計画の調整の向上を通じて、カーテイルメントを削減することを目指している。
  • 中国の北部および西部地域は石炭、天然ガス、風力、太陽光など豊富なエネルギー資源を持つが、発電された電力をすべて吸収する人口や産業が不足している。
Grid

ロイターのシニアエネルギーアナリスト、ジョン・ケンプによる

中国は風力および太陽光発電の歴史的な導入により、地域の電力バランスを悪化させ、地元の消費を圧倒した場合、増加する再生可能エネルギー発電を休止する必要が生じています。

新たな政府規制は、長距離送電リンクを増やし、省をまたいだ発電計画をより良く調整することで、放棄される再生可能エネルギー発電量を削減することを目指しています。

2018年末以来、中国の総発電容量は統計局(NBS)のデータによると、年率9%の複利成長で1,137億キロワット(kW)増加しています。

石炭火力プラントから主にですが一部がガスタービンからのものもある火力容量は、年率4%で257百万kW増加しました(「中国統計年鑑, NBS, 2023年)。

しかし、ほとんどの増加容量は、政府が「新エネルギー源」と呼ぶものから来ています-風力発電所(年率19%増の277百万kW)およびソーラー発電(年率29%増の517百万kW)。断続的な再生可能エネルギーの進出は、すでに発電と負荷の間で大規模な地域的なバランスに苦しんでいた国家送電システムを管理するのが難しくなっています。

風力および太陽光の出力の変動に対する解決策は、国土の広い地域に分散された多数の発電所に渡る変動をなくし、これにはより多くの送電線とより良いスケジューリングが必要です。

長距離送電

数十年にわたり、中国は西部から東部および南部海岸の大規模な負荷地域への電力移転によって特徴づけられてきました。東部と南部(遼寧、河北、北京、天津、山東、江蘇、上海、浙江、福建、広東)の10の省レベル地域は消費量の50%を占めていますが、発電量はわずか40%でした。

これに対して、北部および西部の6つの辺鄙かつまばらな地域(内モンゴル、新疆、山西、陝西、甘粛、寧夏)は消費量の18%を占めていますが、発電量は25%となっています。

表: 中国地域間の電力移転

これに応じ、中国国家電網公司は西部および北部の余剰発電エリアから東部および南部の不足エリアに数千キロメートルの送電線網を建設しました。

この過程で、中国は電気を長距離に移動させて線損を最小限に抑える超高圧送電ラインの世界リーダーとなり、その技術を世界中に輸出しています。

内アジアのエネルギー豊富さ

中国の北部および西部は、国内で最も人口が少なく、貧しい地域の一部ですが、伝統的には石炭を中心としており、最近ではガスや再生可能エネルギーも増加しています。

北部と西部には、中国で最も重要な石炭埋蔵量があり、現地で重工業に使用される電力の一部と、東部および南部に送られる他の電力が生成されています。

内モンゴル、山西、陝西、新疆だけでも、2022年に石炭採炭量の81%および熱発電全体の25%を占めていました、NBSのデータによる。

偶然にも、乾燥して風の強い北部および西部の平原や砂漠は、巨大な風力発電所や太陽光発電所の最適な場所でもあります。

内モンゴル、山西、陝西、新疆および隣接する甘粛、寧夏、青海は、昨年の風力および太陽光の発電の42%を占めていました。

しかし、既に石炭火力発電で飽和している地域にこれだけ多くの風力および太陽光発電を追加することは、送電システムを圧倒するおそれがあります。

風力および太陽光発電のピーク時には、これらの地域には余剰電力を吸収する十分な人口や産業がなく、東部や南部に余剰電力を移送する十分な長距離送電容量もありません。

より多くの送電と計画

2016年に新エネルギー源の国内利用率が84%の過去最低水準に低下し、中央政府は再生可能エネルギー資源の浪費を減らす「清潔エネルギー吸収行動計画」を立ち上げました。この計画は、新エネルギー発電の断熱を減らすために、現地配電、省レベル間の長距離送電、およびエネルギー取引の改善に焦点を当てました。

2023年までに、風力発電の利用率は驚異的な97.3%に上昇し、太陽光も98%に達したと、国営通信社新華社が報じています。

しかし、再生可能エネルギー容量の急速な展開と共に、放棄の問題が再び浮上しており、風力の利用率は96.1%に低下し、太陽光も96%に低下しています(「新エネルギー消費の悩みや難しさの解決」、新華社、2024年7月1日)。

対応はおそらく類似しており、再生可能エネルギーをローカルレベルで統合し、余剰電力を省を超えて移動するためにより多くの送電容量が必要とされるでしょう。過去2年間、中央政府の方針声明は繰り返し、省間での送電と発電のより良い連携の必要性に焦点を当てています。

真に全国的なシステムの構築

この問題に対する重要性のサインとして、中国共産党の政治局員が2024年2月29日に新エネルギー技術とエネルギー安全保障に関するグループ勉強会を開催しました。この会議には、中央と地方のトップリーダーが集結し、「グリッドの能力を高め、クリーンエネルギーを統合、分配、調整する」ことに焦点を当てました。

習近平主席は「エネルギーセクターの協調した発展」の必要性を強調しました(「習主席が新エネルギーの高品質開発を強調」、中国共産党国際部、2024年3月2日)。

多くの点で、中国の長距離超高圧送電システムは不揃いな省レベルのユーティリティから真に統合された全国規模のシステムを作り上げることにまだ苦労しています。さらに高い再生可能エネルギーの普及を達成する政府の計画が達成されるためには、異なる発電源と広範囲にわたる地域間でのより密接なつながりと連携がなされなければなりません。

By Zerohedge.com

 


オリジナルの英語版をAIで翻訳したものですここ.
Download The Free Oilprice App Today

Back to homepage








EXXON Mobil -0.35
Open57.81 Trading Vol.6.96M Previous Vol.241.7B
BUY 57.15
Sell 57.00
Oilprice - The No. 1 Source for Oil & Energy News